会計士紹介

当法人の特色

1. 監査法人にとって特に重要なことは、当該法人が責任を全うできる範囲の業務を高度な品質管理をもって誠実に実行することであり、ひいては企業及び企業を取り巻くステークホルダー(利害関係者)の期待に応えることができるものと考えております。私たちは、ご縁があった信頼できるクライアントに対し誠実かつ誠意をもって対応し、信頼される監査法人になりたいと考えます。

2. 日常の監査業務は、結局は、個々の監査担当者の知識・経験と能力に係っていると考えます。当法人の監査担当者は、殆どが実務経験豊富な公認会計士で構成されており、税務、法務監査、IPO、内部統制構築支援等の経験も豊富であり、さらに、クライアントの経営活動のグローバル化に応じ英文財務諸表の作成、海外往査経験を積んでおります。そのため、クライアントの様々な監査ニーズに機動的に対応できる能力を備えております。

3. 監査担当者の頻繁な交代がなく、監査責任者も常時往査しているため、現場力と組織力のバランスのとれた体制となっております。すなわち、クライアントの経営各層との意見交換や担当者間とのコミュニケーションを円滑に実施できることから、状況把握を迅速かつ的確に行うことが可能であり、法人組織も複雑でないため、監査法人としての監査上の判断や問題解決も迅速に行えます。

4. 創業者が国税局出身であることから、設立当初から企業における税務判断の重要性を認識しており、監査業務において発生する税務上の問題に対しても迅速に対応できるよう全員が知識習得に努めております。